TOP >  アイメイクの基本

スポンサードリンク

アイメイク!

目元ほど、個性の出る部分はありません。そして、メイクによってそれがさらに際立つパーツでもあります。せっかくですから、アイメイクの基本をマスターします。そして、自分の魅力をアップしていきましょう


一重のアイメイク

一重まぶたの人は細くすっきりアイラインを引くようにします。なぜならアイラインがそのまま見えてしまうからです。
だからといって、びくびくしながら細心の注意をはらわないといけないと肩に力を入れなくてもいいです。

少しぐらい太く引いたってぼかしを入れれば大丈夫。薬指でぼかすか、綿棒でぼかします。化粧品メーカーでが、それぞれ細く使いやすい綿棒を売り出しています。
憧れのメイクアップアーティストとのコラボというのもあります。そんな高いもの毎日使うのは・・・という、倹約家が、ドラッグストアに行ってみましょう。
ベビー用品コーナーでが、赤ちゃんの耳鼻掃除用に極細やローションのついた肌に優しい綿棒があります。。

アイメイクの順番ですが、アイラインはアイシャドーを入れてから引きます。
まつげの生え際を埋めるようにアイラインを引きましょう。
アイラインをひくときは鏡などを少し上からのぞきこむようにするとやりやすいでしょう。
アイラインを引く化粧品、アイライナーはペンシルタイプとリキッドタイプがあります。
リキッドタイプのアイラインのほうが、より、線がはっきり出て細くかきやすいです。

アイラインは初めて買う場合、茶や薄い色を選ぶといいでしょう。一時、目を大きく見せるということで、白が流行りましたが、アイシャドウが合わせやすい、色んな色ともなじみのよいものから手に取ることをおすすめします。

アイメイクは人により、目の大きさや顔の印象が違うので一概にこうとは言えませんが、毎日鏡をみて、自分に似合う色やアイメイクの方法を探してみて下さい。

スポンサードリンク

関連エントリー

一重のアイメイク   基本のアイメイク   倖田來未のアイメイク   ナチュラルアイメイク方法   あゆのアイメイク   切れ長アイメイク   マスカラについて   一重のアイメイク法   アイプチで二重   アイメイク初心者   アイラインの使用方法  

スポンサードリンク


スポンサードリンク

商品検索フォーム

    【商品キーワードを入力】





カテゴリー

スポンサードリンク

お気に入りに追加

SEO対策済みテンプレート