アイシャドウ" />

TOP >  アイメイクの基本

スポンサードリンク

アイメイク!

目元ほど、個性の出る部分はありません。そして、メイクによってそれがさらに際立つパーツでもあります。せっかくですから、アイメイクの基本をマスターします。そして、自分の魅力をアップしていきましょう


一重のアイメイク法

雑誌などを見ても二重まぶたのモデルの方が多いのですよね。
一重まぶたの人は同じ効果が出るのか、自分に合うか考えちゃう人もおられると思います。
今回が、一重まぶたの方にお奨めのアイメイクを勉強します。

一重まぶたのアイメイクが、同色系の濃い色と薄い色の2色使いで擬似二重を作るようにするといいです。
まずはベースとなるピンクを、眉下の辺りまで豪快にアイホールに乗せていきます。
ピンクは腫れぼったく見えるからと避けている方もおられるかもしれません。
でも、ピンクは肌なじみがよい色で、広範囲に使用しても派手になる事はないので大丈夫です。

次は赤みのあるブラウンを使用します。
目を開けて二重の線を作る様に、ブラウンのアイシャドウで印をつけておきます。目を開けた時に見えなくなってしまうとシャドウの意味がなくなってしまうからです。
目の際から印をつけた部分まで、シャドウを豪快に乗せていきます。
境目だけを綿棒を使ってぼかしていきましょう。きれいなグラデーションができます。
下まぶたにが、最初のせたピンクをラインの様に細く乗せていきます。
先ほど使った赤みのあるブラウンを中央にのせると、目をたてに長く見せる視覚効果があるので、目が大きく見えます。

一重メイクが、アイシャドウの使い方も大切だけれどまつげは最も重要なポイントです。
マスカラはロングタイプをお奨めします。
しっかりビューラーしたらマスカラを2度塗りで長さをだして下さい。
ビューラーが苦手な人が、美容院などで、まつげパーマをするのもいいでしょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

一重のアイメイク   基本のアイメイク   倖田來未のアイメイク   ナチュラルアイメイク方法   あゆのアイメイク   切れ長アイメイク   マスカラについて   一重のアイメイク法   アイプチで二重   アイメイク初心者   アイラインの使用方法  

スポンサードリンク


スポンサードリンク

商品検索フォーム

    【商品キーワードを入力】





カテゴリー

スポンサードリンク

お気に入りに追加

SEO対策済みテンプレート