TOP >  アイメイクの基本

スポンサードリンク

アイメイク!

目元ほど、個性の出る部分はありません。そして、メイクによってそれがさらに際立つパーツでもあります。せっかくですから、アイメイクの基本をマスターします。そして、自分の魅力をアップしていきましょう


アイプチで二重

一重まぶたをどうしても二重にしたいという方にが、アイプチという方法があります。
人工的に二重まぶたにしてしまおうということです。

アイプチには二重のり(二重接着剤)やアイテープ(二重テープ)を使う方法があります。
試しに使ってみて、肌に合うかどうかが分かるでしょう。
実際はお手元の二重にする化粧品の取り扱い説明書に沿って行って下さい。

アイプチをうまく仕上げるにが、目と二重のラインをあまり離さずうっすら二重くらいにするのがいいでしょう。
まぶたの脂肪の厚さにもよりますが、二重の幅を大きくしようとすると、上手く作れないことが多いようです。

テープタイプのものは上級者向けで、初心者には液状タイプがいいでしょう。ただ、液状のものは塗りすぎると上手くいかないという特徴があります。

おすすめテクニックにはアイプチに付属されているスティックは使用せず爪楊枝で二重のラインを作るというものがあります。
また、アイプチの説明書にが、のりを塗って乾いてから押さえると書いてあると思いますが、乾くのを待たずに押さえてしまいます。のりが乾く前に二重を整えるテクニックです。

一回で好みの位置にくっつけるコツとまぶたに二重のクセをつけるように何度も練習するでしょう。
いざというとき、何度もやり直してしまうとまぶたも荒れてしまうし、二重のクセが定まらないのでしっかり練習しておきます。

目の周りはとても柔らかい皮膚です。そこに余分なもの(接着剤)をつけるのですから、スキンケアにも気を配って下さい。目元専用の美容液もありますから、それでケアするのもいいでしょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

一重のアイメイク   基本のアイメイク   倖田來未のアイメイク   ナチュラルアイメイク方法   あゆのアイメイク   切れ長アイメイク   マスカラについて   一重のアイメイク法   アイプチで二重   アイメイク初心者   アイラインの使用方法  

スポンサードリンク


スポンサードリンク

商品検索フォーム

    【商品キーワードを入力】





カテゴリー

スポンサードリンク

お気に入りに追加

SEO対策済みテンプレート