TOP >  アイメイクの基本

スポンサードリンク

アイメイク!

目元ほど、個性の出る部分はありません。そして、メイクによってそれがさらに際立つパーツでもあります。せっかくですから、アイメイクの基本をマスターします。そして、自分の魅力をアップしていきましょう


アイメイクの基本

アイシャドーの基本が、「濃い色」と「淡い色」を適切に使い分けることです。
すると、目元に立体感が生まれて、顔の印象がぐっと変化しますよ。
非常におすすめするのが、「淡い色」に肌になじみやすいオレンジがかったベージュ、「濃い色」に赤みの少ないブラウンを使う2色使いです。
肌色に自然になじみます。

まず、「淡い色」からまぶたに乗せていきます。付属のチップでもいいかと思いますが、より繊細な仕上がりのアイメイクをのぞむならブラシがおすすめです。ブラシにとって目尻に色を置き、アイホール全体に色を広げましょう。
次に「濃い色」をチップなどにとり、目尻から目頭の方へ徐々に細くなるように塗っていきます。
2つの色の境界線をなじませましょう。

アイシャドーと目元とのバランスが、目を開けた時にぼかした部分が2~3mm見えるようにすると、より奥行きのある引き締まった印象に仕上がります。

淡い色と濃い色に中間色を加えた3色つかいが、グラデーションをつくることで、しっとりとした大人の目元になります。
濃い色を目のきわから目尻に向かって、少し高めの位置までぼかします。そして、中間色を濃い色との境界に重ねるようにアイホールまでぼかします。下まぶたの目尻より3分の1あたりにも中間色。仕上げに淡い色は眉下と下まぶたのきわに。

一色使いが、イメージや気分に合わせて色で目を演出します。
暖色系はかわいらしい目元、寒色系はさわやかな印象になります。
目のきわからアイホールまで放射線状にぼかし、下まぶたの目尻より3分の1あたりにもほんのりアイシャドーをのせます。

スポンサードリンク

関連エントリー

一重のアイメイク   基本のアイメイク   倖田來未のアイメイク   ナチュラルアイメイク方法   あゆのアイメイク   切れ長アイメイク   マスカラについて   一重のアイメイク法   アイプチで二重   アイメイク初心者   アイラインの使用方法   アイメイクの基本   倖田來未のアイメイク方法   落ちないアイメイク   落ちないアイメイクの基本   大人のアイメイク   アイメイク講座   簡単アイメイク術   アイメイクの基本の色  

スポンサードリンク


スポンサードリンク

商品検索フォーム

    【商品キーワードを入力】





スポンサードリンク

お気に入りに追加

SEO対策済みテンプレート